安心空間をつくる魔法の7層壁

魔法の7層構造

自然素材を使った安心とやすらぎを感じる住まい

家を建てる上で、ホルムアルデヒド、環境ホルモン、シックハウスなど住まいの環境について不安を感じられることはありませんか?
どれだけ立派な住まいでも、住むことで体を害してしまっては住み良い住まいではありません。家の中で思いっきり深呼吸できる住まい、それが自然素材の家のいいところです。
ご自身の健康はもとより、小さなお子様やおじいちゃんおばあちゃんの健康のためにも、家を建てるならやっぱり安心のできる自然素材を使った安らぎを感じる住まいにしたいものです。 


シックハウス症候群の原因の一つ
ホルムアルデヒド

シックハウス症候群の原因の1つにホルムアルデヒドがあります。ホルムアルデヒドは家具や建築資材などの接着剤などがから少しずつ室内に拡散されます。このホルムアルデヒドに汚染された室内に人がいると、目や気道に刺激を感じることがあり、高い濃度になると呼吸困難などを起こすことがあります。

ホルムアルデヒドはわずかな量でもアレルギー症状がでることも

平成15年度に建築基準法が改正され、ホルムアルデヒドを発散する建築資材について、内装仕上材の使用制限、建築物の換気設備装置の義務付けなどの規制が定められました。しかし、家を建てる際に使用する建築資材が規制の範囲内にあり、法律上問題がなかったとしても、人によってはわずかなホルムアルデヒド濃度でアレルギー症状が引き起こされます。


空気清浄・湿度調整する魔法の7層構造



7層構造壁

天然の空気清浄機

ホルムアルデヒド、だけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着し、さらに分解してくれます。自然素材の家は室内の空気を半永久的にクリーンに保つことができます。

湿度を自然調整

屋外と室内で湿度に差があるとき、湿気は高い方から低い方へ動きます。この特性を活かし、湿度を自然に調整することで、一年中快適に過ごすことができます。この壁を「魔法の7層構造」といいます。


1.外装材 マイクロガードが雨を利用して汚れを洗い落としてくれるので、外壁をいつまでもキレイに保てます。
2.通気層 部屋の中の悪い空気を壁内を透過させ外に放出します。
3.遮熱シート 屋内の冷房効率UP!省エネにもつながります。外装材から室内へ向けて輻射熱を、アルミ蒸気層が反射することで断熱材が吸収する熱が大幅に減り、室内への熱の侵入も相当減少します。
4.ダイライト 耐力面材が壁内部の湿気を外部に放出するので、壁内部に結露を発生しにくくします。ダイライトは一般の合板3〜4倍の透湿性があります。
5.セルロースファイバー 古紙を主材としたセルロースファイバーは「木材」と同じように、まわりの湿度環境に応じ、吸放湿してくれます。高断熱性古紙だから安全。火にも強い素材です。
6.ハイクリンボード せっこうボードの優れた性能を保持したまま、「シックハウス症候群」の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し、さらに分解します。クリーンで快適な空間をみなさまにお届けします。
7.仕上げ材

珪藻土

優れた吸湿・放湿効果と高い防臭性を兼ね備えた仕上げ材です。

エコカラット

日本の気候と相性のいい土壁をルーツに持つ「多孔質セラミック」が、室内の空気を吸って吐いて、季節を問わず快適な湿度を保ち、ニオイや有害な物質を低減します。
無垢の木の床

無垢材

小さな赤ちゃんものことも考えると、やっぱり自然素材!
自然素材の無垢材は、肌触りがよく気分を落ち着かせる香りをもっています。
住めば住むほど木の味わいが出て、快適な環境をつくります。
小さくてか弱い赤ちゃんにも安心の住宅を目指し、N-houseでは健康についてトコトン考え抜きました。アレルギーやシックハウスなどのもとである有害物質を極力出さないように工夫を凝らし、大切な家族が健康で安心して暮らせる家づくりができます。

▲ページ上部へ